読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time is money

日常のこと、web関連、映画の感想について書いていきます

映画「アバウト・タイム」を二回も見に行ってしまった話(ネタバレなし)

皆さんは年に何回映画を見に行くでしょうか。

その中で、何本の作品を「見てよかった」と感じるでしょうか。

その中で、一体何本の作品が人生に影響を与えるような感動作でしょうか。

 

今回は筆者が最高に感動した映画について紹介します。

そのタイトルは「アバウト・タイム (原題 ABOUT TIME)」です。

ラブ・アクチュアリー」など、数ある感動作を生み出した巨匠、リチャード・カーティスの最新作であり、監督引退作でもあります。

 

f:id:okutaku:20141026150848j:plain

あらすじ

あらすじは、予告映像および公式HPでわかること以外は書きません。

本作はイギリス映画で、舞台も美しいイギリスの情景が映し出されています。

物語は主人公ティムの故郷であるイギリス南西部コーンウォールから始まります。

ある日、21歳になったティムは父から、一族の男性は21歳になると"タイム・トラベル"が出来ることを告げられます。

タイム・トラベルと言っても、自分の過去にしか行くことは出来きないと制限付き。

ばかげたことをと思いながら、父の言われた通り、暗いクローゼットの中に入り、拳を握り、戻りたいと思う場面を念じたティム。

気がつくと、そこは先日催されたNew Year partyであった。

人類悲願の能力を手にしたティムは、父に何に使いたいか聞かれると、一言「彼女を作りたい」と。

そう、ティムはどこにでもいる少し地味な普通の青年。

 

時が経ち、ティムは弁護士を目指すため、ロンドンに上京した。

そこで、タイム・トラベルの能力を使うことなく、運命の人メアリーに出会い意気投合する。

連絡先を交換して、その日はお開きになったが、ひょんなことから彼女と出会っていないように過去を塗り替えてしまった。

なんとか、彼女と再開し、再び恋に落ちて、結婚して、子供が生まれて、幸せな時間が過ぎていく。

その間も度々、タイム・トラベルの能力を使って人生をより良い人生を選択していくティムであるが、タイム・トラベルではどうしても回避することができないことがあることに気がつく。

大切な家族との、一方通行の時を過ごすティムは人生において何が大切なのかという事を知ることになる。

 

 

 

豪華キャスト

主人公ティムは若手俳優筆頭のドーナル・グリーソンです。

有名は出演作として、ハリー・ポッターの死の秘宝シリーズでロンの兄ビル・ウィーズリーがあります。

主人公の恋人メアリーは恋愛映画ではおなじみのレイチェル・マクアダムスです。とにかく可愛いです。

どの配役も本当にぴったりの個性が出されていて、特にティムの父役であるビル・ナイは本当にいい味をだしています。

主人公たちだけではなく全てのキャストに注目です!

 

f:id:okutaku:20141026151100p:plain

f:id:okutaku:20141026151105p:plain

f:id:okutaku:20141026151111p:plain

 

メアリーがとにかく可愛い!

ティムの恋人であるメアリーがとにかく可愛いです!

老若男女問わず、彼女の魅力には引き込まれるのではないでしょうか。

これだけで、見る価値があると思います。

 

f:id:okutaku:20141026151934p:plain

f:id:okutaku:20141026151944p:plain

最高のハートウォーミング映画

まずは見てくれ。と言いたいですが、本当に心温まる映画です。

タイム・トラベルを駆使し、どんな事をしても、メアリーと仲良くなりたいティムの純愛。

ティム家族の絆、そして時という一方通行を超越できるティム父子がたどりついた人生の答え。

2時間の映画の中に無駄無く、すべてが詰まっています。

 

イギリスの美しい情景

主人公ティムの故郷であるコーンウォールや、ロンドンの街並みが本当に奇麗にとられています。映画館で鑑賞すると、イギリスにいるかのように感じるでしょう。

 

f:id:okutaku:20141026150758j:plain

BGMも粒ぞろい

本作の所々に、かかる音楽が本当に物語にマッチしています。

ぜひ、物語に注目しつつも音楽に耳を傾けてはどうでしょうか。

筆者はすでに購入しましたが、サウンド・トラック発売中です!

 

f:id:okutaku:20141026152041j:plain

本当のテーマは家族

タイトル、ポスターから察するに、こてこての恋愛系と思うが、

本当のテーマは「家族」。

予告映像にもあるように、恋人、家族、大切だと思う人と見てほしいです。

 

f:id:okutaku:20141026152000j:plain

おわりに

これ以上はネタバレの領域に入るのでやめますが、ぜひ一度映画館に足を運んでみてください。

監督リチャード・カーティスが言うように、イギリス映画の最大の魅力は利益を度外視してでも、監督の伝えたいメッセージを込めることができることだと思います。

そのためか、この作品は一年後に日本にやってきて、上映されている映画館も少ないです。しかし、反響が大きいのか、追加上映されている映画館が増えています!

それらの情報はアバウト・タイムの公式Twitter(@AboutTime_JP)および、公式HPで随時知ることができます。

「アバウト・タイム」を見終わったあとに、大抵の人は心が温まりほっこりした気持ちになること間違い無しでしょう。

もう一度言います、見に行ってください!